» 豊間の日々

ありがとう&さようなら、豊間屋!

先月から、こちらのページでもお伝えしていましたように、1月20日をもって、豊間屋が閉店となりました。当日は、たくさんのお客様にご来店いただいたようです。

閉店セレモニーでは、スタッフのみなさんに、二年間の活動が収められたミニアルバムが配られ、みんなで最後の時間を過ごしました。

豊間屋のスタッフのみなさんは、「豊間屋は閉店しても、お店の味をこれからも守っていきたい」とお話していました。今後の展開に期待したいですね・・・。

豊間屋のみなさん、二年間ありがとうございました!おつかれさまでした!

鳥小屋行事、開催しました

1月7夕方〜、昨年12月に田んぼの学校のみなさんが作った「鳥小屋」で、お正月送りの行事が行われました。

夕方になると続々と、地域のみなさんが家に飾っていたお正月飾りを持って集まって来ました。

「鳥小屋」というのは、中に囲炉裏や神棚まである立派な小屋。この中に、お正月飾りをいれて、燃やすのが一連の行事なんだそうです。

当日は、燃やす前に地域のおじさん達が囲炉裏を囲んでわいわいと飲み食いしていました!

 

火をつけるとあっという間に燃えて、すごい迫力でした。集まっていた人からは大歓声が…!

地域の方が準備してくださった甘酒やおしるこで暖まりながら、燃え尽きるまでの時間を過ごしました。

お正月の挨拶がところどころでかわされ、和やかな時間となりました。

いちごの会「手作りランチの会」開催しました

1月5日(金)に、いちごの会のみなさんと、豊間しおかぜ児童クラブの子どもたちが「てづくりランチの会」を開催しました!
この日のメニューは、「けんちん汁」「ポテトサラダ」の二種類。また、豊間の郷土料理も知ってもらいたいという思いから、豊間屋のポーポー焼きも提供しました。
包丁を使ったり、熱々のじゃがいもを潰したり・・・。手伝う大人はハラハラドキドキしましたが、子どもたちの頑張りで美味しいランチができあがりました!

いちごの会には、豊間への移住を希望する若い世代も加わっています。その彼女が、飲食店で働いている技を活かして、手作りのマヨネーズをつくってくださいました。手作りマヨネーズの味は格別でした!子どもたちも目を輝かせて味見していました。

子どもたちからは「またやりたい!」という嬉しい感想も飛び出し、新年早々のイベントでしたが、とても充実した時間となりました。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

田んぼの学校「鳥小屋づくり&もちつき」開催しました!

12月16日、朝早くから、とーちゃんの会や地域のボランティアのみなさまにご集合いただき、

「田んぼの学校:鳥小屋づくり&もちつき」をおこないました。

豊間では1990年代のはじめに、地元の有志の方々(主に小学生の保護者)が集まって、鳥小屋のを作っていたそう。子どもの数の減少などに伴い、この行事はなくなってしまったそうです。

今回は15年ぶりに、豊間区に鳥小屋が復活しました!

当日は、風もなく穏やかな1日。「とーちゃんの会」のみなさんにお手伝いしてもらいながら、子どもたちは元気一杯、鳥小屋づくりのお手伝いをしていました。

鳥小屋づくりがひと段落したあとは、集会所にて、餅つき。

こちらも、もち米を蒸すところからやりました。本格的!

千本杵を使って、餅つきをしたあとは、みんなで美味しくいただきました。

 

 

鳥小屋づくり、準備OKです!

12月16日(土)に予定されている田んぼの学校「鳥小屋づくり&もちつき」にむけて、

とーちゃんの会の皆さんが準備をおこなってくださいました!

心強いメンバーが揃っています。16日にむけて、準備万端です!

とーちゃんの会のみなさん、ありがとうございました!

豊間屋閉店のお知らせ

2015年より、復興商店「とよマルシェ」内で営業を続けてきた、「豊間屋」が閉店することが決まりました。

これにより、復興協議会のまちづくり会のひとつである「協働加工販売会」も解散することになります。

地域の活力を生み出し続けてくれた女性陣の力を、別の形ででも、地域に残していけるよう、

我々協議会も模索していこうと思っています。

以下、「豊間屋」からのお知らせを転載します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【大切なお知らせ】
いつも豊間屋をご利用いただき、
ありがとうございます。

誠に残念なお知らせですが、
2018年1月20日(土)をもって、
豊間屋は閉店することとなりました。

今秋より続くサンマの不漁の影響で、本店の目玉商品である、
「さんまのポーポー焼き」「さんまのつくだ煮」の
安定的な製造が難しくなったことが大きな理由です。

私たちは、豊間の復興を地域の皆様の「暮らし」の面から、
お手伝いすることを目的に、お店を続けてきました。
2011年3月11日から6年が過ぎ、
開店時の目的が達成されつつあるという実感も、
今回の決断を後押ししました。

2015年の開店以来、地域内外からいらっしゃるお客様の
「豊間のポーポー焼きが1番!」
という声に勇気をいただき、
「豊間のかぁちゃん」が一丸となって、頑張ってきました。

これからも「豊間のために」という思いは変わりません。
豊間の復興のため、私たちができることは何か、
これからも考え、行動していこうと思っています。

約2年間、お店を温かくご支援くださった皆様に、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

残り少ない営業日ですが、元気に営業しています!
木曜日〜月曜日の10時〜16時半まで。年内は12月28日(木)まで営業です。
かぁちゃんたちに元気をもらいにきてください!

2017年12月
豊間屋スタッフ一同

尾山台団地との交流会をおこないました!

12月3日(日)埼玉県の尾山台団地の皆さんと豊間区・団地管理会の交流会を開催しました。
東日本大震災後から交流のある尾山台団地の皆さん。
埼玉からバスで来た一行は、まずとよマルシェのはまやときゅういちに分かれて昼食。そのあとバスで豊間、薄磯の現状と、昨年11月に植樹したどんぐりの生育状況を確かめました。



その後、豊間団地集会所に移動して意見交換会。
・地区の高齢化と、若い世代へのPRについて
・団地や協議会の取り組み
などなど、予定時間では足りないくらい中身の濃い討論が繰り広げられました。

今回の参加者の中に、上尾で生活し東北各地でチンドン屋をおこなっている方がおり、
全員で「ふるさと」を合唱して親睦を確かめ合いました。
帰路の前には豊間屋にお立ち寄りいただき、ポーポー焼き(通常版とチーズ版)、つくだ煮を沢山購入いただきました。
次は3月に予定されている植樹祭にも参加を呼びかけ、解散となりました。

尾山台団地のみなさま、ありがとうございました!
 

ふるさと豊間復興協議会の活動をお知らせしていきます

ふるさと豊間復興協議会の活動の様子をこちらでお伝えしていきます。

うまく運用できますように…。

よろしくお願いいたします。

ページトップへ戻る